旅と美容とファッションが大好きな★アラサーブログ

30代を全力で楽しむ! 趣味の海外旅行記、アンチエイジング、仕事、お金。リアルに綴ってます

イタリアでオススメお土産と戦利品~

約1ヶ月ぶりの投稿です。なんかバタバタしてました、急に寒くなり風邪ひいてなかなかなおらず、、、ブルーな日々でしたがめでたく復活です。

改めて健康が1番だなと、元気があれば何でもできる!日々感謝ですね。

 

ちょっと期間があきましたが、ヨーロッパ旅行の続きです。まだまだ記事アップできてないのいっぱいあるー。。。

 

今日はイタリアでの戦利品&お土産をご紹介したいと思います。

 

まず食べ物

有名なVenchiのジェラードを毎日2個くらい食べていました。そんな大きくないのに一個日本円にして500円ちょっとというなんとも贅沢なお値段。

f:id:eritabi:20181106234826j:image

 

普段アイスや甘いものはあんまり食べないのですが、初めてこのジェラードを食べた時の口あたりとクリーミーさ、甘すぎず上品なお味にやられました。

 

イタリアに行ったら絶対食べてください!ジェラード店は街を歩けば腐るほどありますがここのジェラードが一番おいしかったです。

 

f:id:eritabi:20181106234931j:image

もともとはチョコのお店みたくチョコも美味でお土産がすごい可愛いんです!お店も、ラッピングも可愛い。

 

お値段はちょっとはるからばらまき土産むけではないけど親しい人に、ちょっと特別感出すためにはとてもおすすめです。

f:id:eritabi:20181106235014j:image

 

お土産

お友達へのお土産って悩みますよね。イタリアだとオリーブオイルとかレモンチェッロ(瓶に入ったレモンの食前酒)等が有名で見た目も可愛いけど 旅行に行ったら帰りは重量オーバーとの戦いなので瓶系はできれば避けたい・・・・

 

そこで今回おすすめしたいのがドライボルチーニ。 軽いし、日持ちするし、かさばらないそしてなにより本当に美味しい!日本で買おうと思うと結構なお値段だったりなかなか手に入らなかったり・・・

 

イタリアだとスーパー等で買えばコストも抑えて、味もおいしい!今回これを大量買いしてお友達に配ったけどとても評判良かったです。

あと写真ないけどパスタとコーヒーも安くてほんとに美味しかったし評判良かったです。空港や免税で買うと高いのでスーパー 様様です。

f:id:eritabi:20181106235229j:image

 

あとは定番土産だけど MARVISの歯磨き粉。これ日本だとユナイテッドアローズとかちょっとこじゃれたセレクトショップに売っててお値段かなり高めですよね。

小さいサイズでも一本1500円くらい。

 

 

MARVISの歯磨き粉はホワイトニング効果も高くて、フレーバーもいっぱいあるから

おすすめ!そして何より可愛い見た目。歯磨き粉って生活感が出やすいアイテムだけど

これが洗面所においてるだけでオシャレで洗練された感じがでるのでいいですね。

 

イタリア発のMARVIS、フィレツェのスーパーにめちゃくちゃ乱雑に置かれてた・・・

気になるお値段はなんと1本200円しません。

これはばらまき土産、自宅用、大人買いしてきました。

f:id:eritabi:20181106235458j:image

 

あとは、フィレンツェではおすすめしてもらった 郊外にある、THE MALL というアウトレットモールに行ってきました。

 

サンタマリアノヴェッラ駅からモール直行のバスが30分に1本出ています。往復で18€。結構豪華?なバスでwifi完備、広々とした席なのでとても快適でした。約1時間で到着します。

 

こちらの特徴はなんといっても安いところです。だいたい日本の半額くらいでしょうか。安い上に同じ店舗で155€以上買い物したら更に12%のtaxrefund が空港でなく,その場で手続きして戻ってくるのでかなりお得な気分になります。

 

€高なこともあり、ブティックでは日本で買うより2~3割くらい安い程度で(昔はもっと安かった記憶)正直飛びついて買う程ではなかったのですが、さすがにここのアウトレットの安さはちょっとびっくりしてしまいましたね。

 

グッチ、プラダ、フェンディ、ジバンシー、フェラガモ、アルマーニ、ジミーチュー、モンクレール、D&G等ひととおりのブランドは揃っています。

 

イタリア発のブランドは特にお買い得でした。 ただブティックに並んでるものはなく前シーズンの物や在庫過多のものが中心なので、自分が探していたものがあればかなりお安く手に入れる事ができるのでラッキーですが、最先端の物を!とかであれば微妙ですね。

 

ちなみに私はモンクレールでショートダウンをた4万ちょいでゲットしました。日本の約半額ですね。

f:id:eritabi:20181106235617j:image

 

特に人気のプラダやグッチは行列ができていて整理券を渡されることもあると聞いていたのですが、私が行ったときは比較的すいていてゆっくりお買い物できました。

 

ブランド好きな方は一度覗いてみるといいかもです!掘り出しものや良い商品に出会える可能性は大です!

アウトレットではモンクレのダウンとPRADAの小銭入れ、アルマーニでネクタイ、服をget

f:id:eritabi:20181106235819j:image

これは2万くらい。イタリア発のブランドはやはり安いですね。

 

あとは、フィレンツェに戻り路面店でいろいろ購入。

f:id:eritabi:20181107000622j:image

なんとか満足。

 

でもモンクレでは帽子や、マフラー、もっと買えばよかったかなと。種類も豊富だし

なにより一番お得な気がした。

 

帰りはミラノ→デュッセルドルフから乗ったのですが、ANAの機内販売で、コスメもget

f:id:eritabi:20181108002115j:image

 

免税で安いうえに、ANAカード決済で更に10パーセント引き! 

日本で買うよりはかなりお得なので私は帰りの機内で毎回買って帰ります!

たまに買いすぎで使わずってときもあるけど、そんなときはメルカリで販売して

利益を得ています★

 

ちなみに 前のブログでも書いたけどこのクラランスの化粧崩れ防止のスプレーほんと

おすすめ! 化粧したてのあの綺麗な感じずっと続きます。

 

eritabi.hatenablog.com

 

気温差が激しい毎日ですが、体調にはお気をつけください!

読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

芸術の秋、フィレンツェ、ウフィツィ美術館で黄金のルネッサンス期を体験!

こんばんは!  先日のヨーロッパ旅行で、

ウフィツィ美術館とアカデミア美術館に行ってきました。芸術に疎い私でも教科書でみたことある作品ばかりで感動しました。

 

ウフィツィ美術館とは?

イタリアのフィレンツェにあるルネサンス絵画で有名な美術館です。1591年より部分的に公開されており、近代式の美術館としてヨーロッパ最古のものの1つで、イタリア国内の美術館としては収蔵品の質、量ともに最大のものです。1982年に世界遺産フィレンツェ歴史地区の一部として認定されています。

かつてここはフィレンツェを支配し栄華を極めたメディチ家の事務所、行政区オフィスが置かれていたためこの名前がついたそうです。ufficiとはイタリア、トスカーナの言語でオフィス(事務所)を意味しています。

 

混雑必須の美術館をスムーズに回る方法

 

①必ず事前予約をしていく

一番空いてると噂の夕方のチケットを日本から予約して行きましたが、長蛇の列で1時間くらい待ちました、当日予約も一応ありますが、相当待つので、必ず予約必須です!

 

②どれくらいでまわるかあらかじめ決めておく、

ウフィツィ美術館は45の部屋からなり2500点もの作品があります。一日中かかっても、それらをみることはできないので、今回はこれだけみとけば大丈夫!という作品をピックアップしてみました。ゆっくり鑑賞すると2時間くらいはかかりますので時間に余裕をもっていかれることをおすすめします。

 

③日本語解説ツアーに参加する。

一応日本語のオーディオガイドは借りれますが、ツアーに参加するとさらに詳しい説明が聞けたり、チケット代行や面倒なことも全部ガイドさんがやってくれるし有名な作品もピックアップしてくれるので、私もガイドツアーに参加すればよかったなと少し後悔。チケット代より多少料金はかかるけどガイドさんは知識も豊富なので背景を知ることでもっと楽しめたかなと。。。

 

まず建物が3階建てになるので、エレベーターで3階まで行き、順番に降りて鑑賞します。

ウフィツィ美術館は、Uの字型になってるんですね、こちら外観。もともとは事務所だけあってスタイリッシュな外観。

f:id:eritabi:20181004085034j:image

 

 

この廊下、映画、冷静と情熱の間に、で出てたー。美術館とは思えない、天井。

展示品だけでなく内装が豪華すぎるのも鑑賞の楽しみの一つ。
f:id:eritabi:20181004084824j:image

 

荘厳の聖母/Mesta(ルチェッライの聖母)
ドゥッチョ・ディ・ボンインセーニャ第2室
f:id:eritabi:20181004084754j:image

 

ジョット作「マエスタ」
1306-1310年頃、第2室
f:id:eritabi:20181004084816j:image

 

ウッチェッロ作「サン・ロマーノの戦」
1456年頃、第7室
f:id:eritabi:20181004085003j:image

 

ピエロ・デッラ・フランチェスカ作「ウルビーノ公夫妻の肖像」 
1465-1466年、第8室
f:id:eritabi:20181004084913j:image
f:id:eritabi:20181004084957j:image

 

 

フィリッポ・リッピ作「聖母子と二天使」
1465年、第8室
f:id:eritabi:20181004085119j:image

 

聖母載冠 フィリッポリッピ
f:id:eritabi:20181004084807j:image

 

ボッティチェッリ作「春」
1477-1478年、第10-14室
f:id:eritabi:20181004085052j:image

間近でみると、美しい。
f:id:eritabi:20181004084841j:image

 

ボッティチェッリ作「ヴィーナスの誕生
1485年、第10-14室
f:id:eritabi:20181004085058j:image

 

 お宝が集まるサロン トリブーナ

トリブーナは美術館の中でも特に美しい部屋と言われます。中には、メディチ家コレクションの中でも重要な作品が集められており必見。床面の装飾も素晴らしく、部屋の内装も見所のひとつです。立ち入り禁止ですが写真はOKです
f:id:eritabi:20181004085043j:image

窓から見える景色もフォトジェニック 

美術館からの景色もまた綺麗。アルノ川、ヴェッキオ橋が見えますね。
f:id:eritabi:20181004084923j:image

 

 

レオナルド・ダヴィンチ作「受胎告知」
1472-1475年、第15室
f:id:eritabi:20181004084740j:image

 

 

ミケランジェロ作「聖家族」
1504年頃、第25室
f:id:eritabi:20181004084735j:image

 

 

ラファエッロ作「ひわの聖母」
1507年、第26室
f:id:eritabi:20181004085112j:image

 

カフェテラスで休憩を

45室の横のオープンカフェからの景色です。ドゥモが見えます。実際みるとすごく綺麗で、ここもフォトスポットなので、フィレンツェの街並みを堪能してくださいね。
f:id:eritabi:20181004085028j:image

 

テツィアーノ作「ウルビーノのヴィーナス」
1538年、第28室
f:id:eritabi:20181004085408j:image

 


f:id:eritabi:20181004084936j:image

 

カラヴァッジョ作「バッカス
1597年頃
f:id:eritabi:20181004084745j:image

 

まだまだ、素晴らしい作品はありますが、これだけは絶対必須な作品を並べてみました。

ウフィツィ美術館の魅力は語りつくせませんが、やはり本物の芸術は違うな、と思いました。芸術にたまには浸ってみるのもいいかも!!

 

アカデミア美術館ではダビデ像を間近で見て、想像してたより遥かに大きくて、びっくりしました。 まるで、今にも動き出しそう。

こんな細かいところまで、彫刻を作れるなんて天才。

 

f:id:eritabi:20181004195302j:image
f:id:eritabi:20181004195309j:image
f:id:eritabi:20181004195316j:image

 

芸術の秋ツアー、最後はミラノの最後の晩餐を予約してたのに、あまりに過密スケジュールにしたため、&電車が大幅に遅れ予約時間に遅刻してしまい鑑賞できませんでした。

やはり、イタリアの交通は思いどおりにいかないので、余裕をもたないといけないですね。

 

芸術の秋、たまには、心を無にして、美術鑑賞してみてはいかがでしょうか。

 

読んで頂きありがとうございます。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

イタリア定番ピサの斜塔観光と、極上!一生の絶景に会える世界遺産「チンクエテッレ」

おはようございます。

イタリア世界遺産巡り、フィレンツエからちょいと足を延ばし、定番ピサ観光とチンクエテッレというめちゃくちゃインスタ映えする絶景世界遺産の村に行ってきました。

 

スケジュールはピサ観光午前、チンクエテッレ観光午後というなんともアバウトな感じ。

 

イタリアの知人に言わせると、チンクエテッレは半日とかで観光できるものじゃない、泊まりでゆっくり観光するものだよ、との事。欲張り弾丸トラベラーはそんなこと言ってられません。 結果短い時間だけでも十分に楽しめましたよ♪

 

まずフィレンツェのサンタマリアノヴェッラ駅からピサまでは電車で1時間程度ピサ中央駅で下車します。

ピサの斜塔までは駅から歩いて20分で行くこともできますがなんせ炎天下&時間との戦いなのでタクシーで向かうことに。ところが・・・タクシー乗り場すごい行列・・・・観光客の人数とタクシーの数全然あってない。たまたま来たバスがピサの斜塔まで向かうとのことでバスに乗って向かうことに。

 

いろいろ停車するので10分くらいで到着。

 

ピサはガリレオガリレイが生まれた場所としても有名で、塔って世界にいっぱいあるけど間違いなくピサの塔は世界で一番有名な塔ですね。

 

もちろん世界遺産にも登録されています。

 

有名な塔の傾きは、地盤土質の不均等さが原因といわれ、度重なる傾斜進行の危機に面しながら'90年より約10年一般入場を休止し改修工事が行なわれたそう。斜度が是正された現在、地質学者によるとあと300年は倒壊の危険がないとの見解だそうです。

 

今までいろんなメディアで傾きをみてきたけど、実際見た感想は、

 

想像以上に傾いている!です。とくにほかの建物と比較すると傾き具合がよくわかりますね。

 

f:id:eritabi:20180927070745j:image

 

やっぱりピサにきたら、あれですよね。あの写真とらないと。

 

f:id:eritabi:20180927071250j:image

青い空に傾いた塔が映えますね。

世界中の観光客が、みんな同じポーズして写真とる姿は、なんかおもしろかったです   笑

 

塔の上に登ることもできるようですが、時間ない為、登らず。 かなり傾いてるので三半規管が弱い人は酔うみたいですよ。

登りたい方は予約必須です。

 

ピサ観光もほどほどに、ダッシュでピサセントラル駅に戻り、そから、チンクエテッレの玄関口である、ラ・スペンサという駅にむかいます。ピサセントラル駅からは電車で1時間半です。

 

チンクエテッレとは?

 

チンクエテッレとは5つの漁村を総称した名称です。その名の通り、「チンクエ=5」「テッレ=地」という訳なのです。

「チンクエテッレ」という名の街があると思われる方もいらっしゃいますが、そうではなく地域の名前なのです。

そして、その地域一帯が1997年に登録された「世界遺産」です。

日本から行くのには、イタリア国内での交通の便が良くないため、なかなかここまではたどり着かないのですよね。実はトスカーナ州ではなくリグーリア州なんですね。

 

フィレンツェからは片道2時間半はかかるけど、車窓からみる景色も自然が溢れてすごく綺麗なので、あっとゆうまなので、是非、この素晴らしい絶景をみてほしいな、と思います。

 

ラスペンサ駅についたら、そこでまずチンクエテッレカードとゆう物を16€で購入します。購入したら、名前を記入してとのこと。

 

一応名前消してます   笑

f:id:eritabi:20180928030728j:image

 

チンクエッテレカード

5つの村を何度でも電車、バスで行き来自由

トイレ、チンクエッテレポイント(駅)でのwifi無料。結果お得なので絶対購入してください!

 

地図でゆうとこんな感じで、村と村はそんなに離れていません。ラスペンサからヴェルナッツァまで20分程。

f:id:eritabi:20180928030917j:image

 

今回は、3つの村をチョイスして、まわることに。まず、ラスペンサ駅から一番離れた①ヴェルナッツァまで行き、そこから、②マナローラ、③リオマッジョーレとゆう順番で下ってきました。 

字が汚いのはスルー 笑

 

Vernazza

ヴェルナッツァは、飲食店やお土産屋やさんが、すごく豊富でした。 食事するならこちらがおすすめです。リグーリア海の魚介類や、ジェノベーゼパスタがイチオシです。トレッキングして、崖上から港をみるといい感じですよ。

 

駅を降りたらすぐにカラフルな街並み。

f:id:eritabi:20180928031245j:image

 

崖の上に広がるぶどう畑 ♪
f:id:eritabi:20180928031234j:image

 

絵になるなー


f:id:eritabi:20180928031226j:image

 

一時間くらいトレッキングしました。トレッキング途中に、小屋みたいなところがあり、チンクエテッレカードの提示を求められます。

カードがない人は、それ以上上に登れないそう。


f:id:eritabi:20180928031241j:image

 

お次、Manarola 

f:id:eritabi:20180928031814j:image

 

開放感!
f:id:eritabi:20180928031758j:image

 

海の透明度半端ない。


f:id:eritabi:20180928031802j:image
f:id:eritabi:20180928031810j:image

 

個人的には、すごく気に入りました。ヴェルナッツァより、こじんまりしてて田舎っぽいです。海が、透明すぎて、ボートの影が映ってました。

 

最後、Riomaggiore

一番大きな村です。

これこれ、この景色が見たかった! カラフルで可愛い街.

パンフレットとかはここでよく撮影されるそう。

 

f:id:eritabi:20180927073516j:image

街中も、フォトジェニック。

 

f:id:eritabi:20180928032122j:image

f:id:eritabi:20180928032328j:image

 

イタリアってどこ行っても、日本人に遭遇するけど、ここでは、私たち以外誰一人いませんでした。 欧米の方に人気みたいですね。

 

ローマ、ミラノ、ヴェネチアアマルフィナポリ等本当に有名で素敵なところが多いけどチンクエテッレは、知名度は低いけど負けてないと思います。

 

年4回、海外旅行行ってるけど、ベスト3に入るくらい、絶景で可愛い村でした。

 

少し遠いけど、その先には忘れられない絶景が待っていますよ!5つの村を全て回るのが難しければ、マナローラ、とリオマッジョーレは絶対取り入れてください!

 

最後に注意点

① 昼は気温が30度を超えるので、水分補給、日 日焼け対策、羽織りを忘れずに!

 絶対スニーカーで。

 

②アクセスがあまりよくないので、電車時間は事前にチェックして、行ってくださ  い!乗り過ごすと、けっこう待つはめに。

 

③弾丸でも、充分楽しめましたが、夕陽や夜のチンクエテッレも極上らしいので、日にちに余裕がある方は、一泊して、ゆっくり村をトレッキングしたり海水浴したり、絶景を堪能してください。

 

すっかりお気に入りになったチンクエテッレ。

また行けるように、日々頑張ろうと思います。

 

読んで頂きありがとうございます!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コストコ生活 おすすめベスト10

こんばんわ。

十五夜の本日、満月?かは分かりませんがお団子はしっかり食べました。

旅行記途中だけど休憩です 笑

 

3連休最終日は、大好きコストコへ。 月二回コストコに行く自称コストコ通のわたしが、おすすめ商品をご案内します^ - ^

 

①カークランド毛布

 

これ1500円とは思えない手触りのよさと暖かさ。これで寝ると本当に快眠。

我が家はずっと愛用してますが3年経った毛布でも、まだまだ使えます!

最近ちょっと寒いじゃないですか、最近の楽しみは、これで昼寝。

夏はクーラーガンガンにして、これで包まると更によし。一年中使えます。

高くて気持ちい毛布はたくさんあるけど、1500円でこのクオリティはさすがです。

 

f:id:eritabi:20180923192955j:image

 

②ビビゴ ビビンバの素

 

これ、簡単で、韓国顔負けの美味しさ。

料理苦手なわたしの強い味方。炊きたてごはんと一緒に炒めるだけ〜、野菜も味つけされた状態で真空パックに入ってるので、ごはん、野菜、ソースの順番に炒めて、あとはドヤ顔で食卓に並べるだけ。本格的なお味です。

 

f:id:eritabi:20180923193223j:image

 

 

マスカルポーネロール

 

最近は、ディナーロール卒業でこればっかり。マスカルポーネロール。

ふんわりとした香りと甘み、ほんのり薫るマスカルポーネチーズが最高に美味しいパン!

しっとりしててちょっとリッチな食感が好きです。バカ売れしてるのか、残り少なかったです。時代はディナーロールからマスカルポーネロールへ。

f:id:eritabi:20180923193603j:image

 

④ さくらどり

 

鶏むね肉ー。これは自家製とりハム作る為に常備しています。

前の記事でも書いたけどコストコのお肉って冷凍してないらしく、鮮度が抜群。

パサパサ感が本当にないので、しっとりジューシーです。ここのお肉で作るとりハム、最高です。

f:id:eritabi:20180924171244j:image

 

オイコスギリシャヨーグルト

 

あと、これは、コストコの商品じゃないんですけど、スーパーとかコンビニで買うと1個150円くらいでちょっとお高め。。。

コストコだと12個で945円と、かなりお買い得なんです!一個あたり80円くらい?!

まだ食べたことない方は是非一度食べてほしい、ヨーグルトとは思えない濃厚さが癖になります。このヨーグルト食べてからは、他のヨーグルト食べれなくなってしまいました。ない時もありますが、店舗で見つけたら即買い商品ですね。

f:id:eritabi:20180924171514j:image

 

⑥ 韓国のりフレーク

 

ふりかけとしても使えるし、卵焼きにいれたりスープに入れても使えます。ビビンバの上にもかけたり。一度食べたら、止まらなくなるんですよね。
とにかく白米と食べるのが美味しい。癖になる味わいです。ビックサイズの袋3つ入ってますが気が付くと一瞬でなくなります。

f:id:eritabi:20180924180729j:image

 

⑦ティラミス

 

めちゃ美味しいので、大好きですけど、大きすぎて買うのためらう時もあります。でも、甘い物好きだし、食後のデザートとして、コーヒーと一緒に頂くのがお気に入り。

食べれない分は、カットしてラップで包み、ジップロックに入れて冷凍すると、長持ちするしいつでも食べたい時に味わえるのでおすすめですよ!味のクオリティ、大きさ考えるとコスパ最高です。いやな甘さはなく、以外とあっさりしてるので食べやすいですよ。

f:id:eritabi:20180924181454j:image

 

ジップロック

普通のジップロックより、やや大きめ。

これのいいところはつまみ部分にスライダーがついているので、開け閉めが超簡単です!

水分が、抜けにくいので、シートマスクの保存に使ってますがマスクの水分全然抜けません。

f:id:eritabi:20180924184110j:image

 

ジップロック コンテナ

 

ジップロックといえば、袋タイプのチャック袋が有名ですが、箱タイプのジップロックコンテナも使いやすくてオススメなんです。レンジ、冷凍対応可能なのでコンテナのまま、調理、保存ができてしまう優れものですよ。

いろいろな種類のコンテナが24個入って1700円。

作り置きした物をいれたり、お弁当箱としても使えます。あとは、蓋の真ん中のボタンを押すだけでロックできるので、汁がもれたり、とかもないので、安心ですね。

f:id:eritabi:20180924185749j:image

 

最後はこちら

⑩カークランドハウスホールドワイプ

 

青と黄色のクリーンシート。成分はどちらも同じで、違うのは、香りと素材です。

黄色は、レモンの香りで、ボコボコしたエンボス加工を施した素材。青は、フレッシュエアーの香りでふわっとした感じの素材。

どちらも洗浄力がすごくて、ふいたところはピカピカです。気軽に毎日使えるのが嬉しいです。掃除、苦手ですけど、香りも良いし、楽しく掃除できますよ。 ふわっとした素材の青は、傷つけたくない床、家具などに使用し、黄色はレンジ、キッチン、トイレなど、ガッツリ掃除したい箇所に使うとより綺麗になりますよ!

f:id:eritabi:20180924203433j:image

 

食料品が有名なコストコですが、日用品も使えるお得なものがたくさんあります!

みんなでシェアすると、金額もお得になるのでおすすめです!

 

読んで頂きありがとうございます☆

 

 

 

 

歴史、芸術、ロマン溢れる世界遺産都市~イタリアフィレンツェぶらり旅

こんにちは、3連休ですね。今日はお天気も良いのでお出かけ日和ですね。

ヨーロッパ旅行記続きです。

 

2018年、9月。イタリア、フィレンツェに行ってきました。バルセロナからフィレンツェに飛行機で約2時間の移動。近いなー。

 

ヨーロッパって、陸つづきで国内旅行感覚で、ヨーロッパ中を旅できるのが魅力ですよね。

 

 

イタリア共和国中部トスカーナ州にある都市、フィレンツェ
花のように美しいとされる古都フィレンツェの名の由来は、ローマ時代につけられた「フロレンティア(花の女神)」に由来するそうです。

 

ルネサンス期、この都市から文化の復興が始まり、経済活動、芸術活動に大きな影響を与えました。

ルネサンスの原点であるフィレンツェは、歩くだけで数々の歴史を感じることができます。

私も、大のお気に入りの街になりました!

 

実は映画 冷静と情熱の間にを見たとき、(高校か大学の時かな。)なんて美しい街なんだろ。と記憶に残ってて、ずーっといつか行きたいなって思ってました。今回念願叶って本当嬉しい!

 

空港つくまでドキドキ。

 

フローレンス空港は、びっくりするくらいこじんまりしてて、ちょっと拍子抜け。

EU加盟国は、いちいちパスポートコントロールもないから、あっとゆうまに、外に出れるのも、気楽でいいですね。

 

空港でちょっと両替しよかな、とレートみたらドン引き。 ちょうど1€130円の時期で、関空で133円のレートで両替できたのに、空港だと144円。因みに街中の両替所でも140円とありえなかったので、必ず必要分は日本で両替していってください。

 

フィレンツェは比較的小さな街で、空港から市街地までも、20分ととっても近いです。

バスかタクシーで市内まで向かいます。

タクシーだと定額で市内まで22€でいけますのでボラれることないので安心です!

 

バスでも、サンタマリアノベッラ駅とゆうフィレンツェの主要な駅まで、5€で行けますが30分に1本しかないのと、駅からホテルまであの石畳をスーツケース引きながら歩くのは30代には厳しいのです。もちろん、駅近のホテルならバスでも良いと思いますが、今回は時間もないのでタクシーで!

 

1日あれば、ほとんど徒歩で観光の主要スポットをまわれちゃうぐらい街はコンパクトなのでホテル到着後は、すぐに外に飛び出して観光開始!

 

ヨーロッパの街並みって本当に綺麗でテンションあがりますね。歩いてるだけでわくわく。びっくりするぐらい観光客多かったです・・・

 

まずは小高い丘にあるミケランジェロ広場へ行き、そこから下って観光名所を回ることに。

 

ミケランジェロ広場までは、バスで行こうとしたら、バスが来ない。イタリアあるあるだけど、20分待っても来ない。せっかちな私たちはすぐさまタクシーで移動。10分程でミケランジェロ広場到着。

 

フィレンツェの街全体が見渡せるスポットで絶景。これこれ、この景色がみたかった!

f:id:eritabi:20180923085324j:image

近くには、教会や、バラ農園?もあり。

f:id:eritabi:20180923054315j:image

美しいの一言!街全体が世界遺産に登録されてるから、勝手に屋根とか変えれないそう。ここで数多くのルネッサンス芸術が誕生したかと思うと感慨深いですね。

 

絶景を堪能したあとは、徒歩で坂を下り、街並み散策。もう色々映えすぎて、フォトジェニックすぎて、困る。

 

街のシンボルドゥオモ大聖堂までは10分ちょっとで到着。600年の歴史が刻まれています。石造ドームでは世界最大級です。因みにクーポラに登るのは完全予約制。けっこう先の日程までsoldoutでしたので、登られたい場合は日本から予約必須ですね。

 

f:id:eritabi:20180923060429j:image

 

ドームの天井には、圧倒的迫力の「最後の審判」が描かれています。

天国か地獄か、どちらかに行くかの分かれ目で神の裁きを受ける場所です。

f:id:eritabi:20180923083856j:image

 

ジョットの鐘楼の前でパチリ

f:id:eritabi:20180923060509j:image

青い空と、白と緑の大理石の建物、赤煉瓦の屋根がマッチして、感動。

 

こちらはヴェッキオ宮殿。

当時、フィレンツェを支配していたメディチ家もピッティ宮殿に移るまでは、ここに住んでいました。本当に人住んでた?ってくらい豪華。

f:id:eritabi:20180923063109j:image

 

シニョーリア広場にいる謎のイノシシは、鼻をなでると幸せになれるという言い伝えから、行列。間違えて頭を撫でてしまったことは、絶対に内緒です 。


f:id:eritabi:20180923063113j:image

 

 

キョロキョロ街並みを堪能してると、いい感じに陽がくれてきました。

ヴェッキオ橋へ。

f:id:eritabi:20180923084550j:image

 

ヴェッキオ(vecchio)とはイタリア語で「古い」という意味だそうで、アルノ川に架かる橋でその名の通りフィレンツェ最古の橋なのです。

 

なんと中世以前からあり、洪水により1345年に再建されたのですが、第二次世界大戦の被害を唯一逃れた奇跡の橋でもあるのです。

650年以上経った今でも役目を十分に果たしてるまさに奇跡の橋です。

因みにカラフルな建物はアパート?で今でも人が住んでいます。

 

フィレンツェの夕暮れ、神。もちろんノーフィルター。ずっと眺めていたい。

f:id:eritabi:20180923084801j:image

 

ヨーロッパって天災が少ないからかもだけど、普通に何百年も前の建物が残ってるとかすごい。日本じゃ考えられないですよね。

まるで中世にタイムスリップしたかのような素晴らしい1日でした。

 

ヨーロッパに行かれた際は花の都、屋根のない美術館と賞賛されている魅力あふれるフィレツェへ行かれてみてはいかがですか?

 

読んで頂いてありがとうございます!素敵な3連休をお過ごしくださいね。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村

バルセロナ世界遺産巡り。あなどってはいけない!贅と実用性を極めたグエル邸は必見

おはようございます。またヨーロッパ世界遺産巡りの旅行記書いていきますので、お付き合いください。

 

バルセロナ二日目。ガウディの世界観にすっかりハマり、ガウディ世界遺産建築巡り。

グエル邸、カサミラ、カサバトリョを訪れました。

 

グエル邸はサグラダファミリアやカサパトリョに比べて認知度は低いようですがこの建物こそガウディの建築家としての才能を表しているように私は感じました。

贅を極めただけではなく家全体が機能性と実用性にデザイン性を兼ね備え、暮らしやすさを追求したつくりのグエル邸は必見です。

 

バルセロナ世界遺産が多いのでどこ行こうか迷うと思うのですが、是非グエル邸

訪れてみてください!

 

 

グエル邸とは?

 

ガウディの親友であり、最大のパトロンのグエル氏のお家です。

グエル氏から依頼を受けて、ガウディが設計を手掛けた豪華な邸宅でガウディ初期の代表作といわれています。

 

企業家、地主、政治家でもあったグエル氏はこの邸宅を建築にはお金に糸目をつけず贅を尽くして造りました。この邸宅にモデル二スモ建築の最高峰を目指したと考えられているそうです。

 

また、建築後修理を一切必要とせず、ガウディ自身の才能が発揮されている作品で、当初は別邸として建設しましたが、でき栄えに大満足したグエル氏はこちらを本館として使用したそうです。

 

バルセロナの繁華街ランブランス通りから、ちょっと入った道沿いにあるので、見逃さないように!

 

外観は、こんな感じです。

なんとも重厚感ありますが、サグラダファミリアをみたあとだったので、少しジミに感じました。当時は珍しい、鉄格子の扉。

 

これは、外からは全く中の様子は伺えませんが、 中からは、来客全て確認できるんですって。

 

f:id:eritabi:20180922021115j:image

 

すぐ横にチケット売り場があるので、12€でチケットを購入し、中で荷物チェックをうけてから見学します。

 

家に入ってすぐの床はレンガと思いきや木を組合せたレンガ模様で、おしゃれ感と足元の柔らかさ、靴音が響かない消音を考慮した造りになってます。

 

内部はガウディならではの奇抜なスタイルはもちろんですが、実用性におけるクオリティの高さには驚かされます。

 

大理石でできた赤い階段。

 

えっとー、これほんまに人の家?  笑

てくらいに豪華で煌びやか。

気分は貴族ですよ。

f:id:eritabi:20180922021340j:image

 

こちら地下にある馬車用の厩舎。

この21本の柱が、この家を支えています。

このつくり、ガウディらしい。

f:id:eritabi:20180922021706j:image

 

グエルさんが飼っていた馬を繋ぐ金具。

 

f:id:eritabi:20180922022617j:image

食堂

f:id:eritabi:20180922023655j:image

 

水玉模様のステンドグラスには、グエル邸の紋章 Gが入っています。この色彩感覚。

なんか可愛い! 繊細なつくりのステンドグラスから溢れる光がまた素敵。

 

f:id:eritabi:20180922023746j:image
f:id:eritabi:20180922023749j:image

 

そして、最大の見どころの中央サロン

 

f:id:eritabi:20180922024722j:image
f:id:eritabi:20180922024714j:image

 

ここは絶対見逃せません!コンサートが行われた時の観客席で、絵画コレクションや金箔が貼られた壁などはまさに上流階級の社交場です。

 

吹き抜けのドーム天井から注がれる自然光は穏やかな空間を造りだし、上部にはパイプオルガンのパイプが見えます。特別な行事に楽団を呼んで生演奏が披露されたり、上部にあるパイプオルガンの演奏もされていました。グエルさんの娘さんは音楽家だったそうです。アメリカの大統領も来たとか。

 

手すりを兼ねた椅子。

f:id:eritabi:20180922082648j:image

 

天井まで、木の温もりがある暖かみある創り。

f:id:eritabi:20180922025425j:image

 

大富豪、グエルさんが、お金にいとめをつけず、贅を極めた創りのグエル邸。

 

地味な外観からは想像もつかない煌びやかな内部は、当時のブルジョワらしい生活ぶりが、想像できました。

 

親友でもあり、ガウディの最大のパトロンであった、グエルさんと、何度も話し合い4年の歳月をかけて、作られたグエル邸、ガウディとグエル氏の交流にも思いをはせる素敵な時間でした。

 

しかし、バルセロナって、繁華街をブラブラしてるだけで、世界遺産に遭遇するってなんて素敵な街。。。

 

入場料は、日本語オーディオガイド含め12€

バルセロナにしては入場料が、お手頃    笑

 

定休日は、月曜日で、毎週日曜日は無料開放してますが、予約はできません。

普通の日も予約は、絶対なくて大丈夫です!  

 

アクセス

地下鉄L3  リセウ駅から徒歩5分

f:id:eritabi:20180922033126p:image

 

ランブランス通りから少し入った路地にあります。このあたり旧市街であまり治安はよくないようなので、夜はウロウロしないほうがいいですね。

 

バルセロナに行かれる際は是非★

 

読んで頂きありがとうございます!今日も素敵な一日をお過ごしください!

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ひと吹きでメイク崩れしない、綺麗が続く魔法のスプレー

こんにちは。三連休いかがお過ごしですか?

私は、特に予定なし  笑

家事をして美容dayな1日にしました^_^

 

あと、今、断捨離中なのでメルカリで使わない物売りまくってました。 秋冬のお洋服買う軍資金作り! メルカリってめちゃ売れますね。びっくり😬 おこずかい稼ぎ簡単にできますね。

 

30代になると、いろいろメンテナンスが必要ですが、気になりだしてからいろいろしても時間もお金もかかるので、普段からお手入れしっかりして、予防する、とゆうのがすごーく大事だと日々痛感しております。

 

最近わたしが気に入ってずっと通ってるのが、ピーリングフォトフェイシャルの組み合わせ。  月1ペースで半年くらい通ってるかな。

堀江の美容皮膚科に通っております。

今日は、プラスして、エンビロンのビタミンイオン導入もして頂きました!

 

なかなかせっかちな性格なんで   笑

すぐ効果とか、変化みえないと、継続できないタイプですが、

 

やっぱり、効果はあります。毛穴は小さく、シミ、くすみはだいぶなくなりました!元々、肌はけっこうコンプレックスありで、自慢できるかんじじゃないけど、ようやく、肌を褒められるようになったのは、このおかげかなーと。

美容医療最高💘

 

でも、肌はやっぱり綺麗になるの時間かかりますね、遺伝でもともと肌綺麗な人羨ましいー。

 

嘆いてもしゃーないので、できる事を日々努力していきたいと思います。

 

肌質改善されて、化粧崩れもだいぶ改善されたけど、やっぱりまだ気になる😅そんな時、 このクラランスのスプレー優秀です。

ほんまにメイクした直後の綺麗をキープできます!

f:id:eritabi:20180916001435j:image

 

周りの子もけっこう使ってる人多いですし、

有名ですよね。

やっぱり売れ続けるのは理由がありますね。

これをメイク仕上げに使うのと、使わないのでは、全然ちがうー。

 

やっぱり、女子はいつも綺麗でいたいですもんね。メイク崩れしないだけで、テンション上がります。ひと手間で、1日綺麗をキープできるので是非おすすめでございます。

インスタみてたらモデルの美香さんも愛用してた♩

 

f:id:eritabi:20180916001250p:image

 

けっこう百貨店だと売り切れたりすることもあるので、わたしはいつも海外の免税でまとめ買いしてきます!

 

今回はANAの帰りの機内販売で発見したので即買い! ANAカードで決済すると、免税から更に10%引きで購入できるので、助かりました。

ラッキー。

 

季節の変わり目、ゆらぎ肌になりメイク崩れがちなときもおすすめです!

 

読んで頂きありがとうございます😊

 

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ
にほんブログ村