旅と美容とファッションが大好きな★アラサーブログ

30代を全力で楽しむ! 趣味の海外旅行記、アンチエイジング、仕事、お金。リアルに綴ってます

バリ島→シンガポールへ。マリーナベイサンズで1泊

こんばんは。

順調に旅行記更新です。

 

バリから向かった先はシンガポール

2時間半くらいで到着しました。

LCCエアアジアで1万しないくらいで移動できるので、ほんとに便利です。

 

因みにエアアジア大好きです。赤の制服が可愛いんですよ、そしてCAのお姉さんめちゃスタイルよくて綺麗で、お兄さんもすごいイケメン。

 

私は、旅行に行ったら、2カ国はまわるようにしてます。LCCを使うと近隣の国に安く気軽に移動できるので、おすすめです。

 

元々欲張りやし、なんか旅行したーって気分になるんです。

 

シンガポールでは特に予定や目的はなかったのでマリーナベイサンズで1泊して帰りました。

 

建設されてから10年たっても未だシンガポールのアイコンとして、大人気のマリーナベイサンズ。 

もともと傾いている上に3つのビルの上に細長い形の船があり、プールにもなっています。

高さ約200メートル!宿泊者しか利用できないインフィニティプールは大人気です。

まあほとんどの人がこれ目当てですよね。

f:id:eritabi:20181211222549j:image

あんな高いところ↑にプールとかすごい。

あのプールで自撮りする予定が、まさかの体調不良、熱、咳がとまらなくなりプールは眺めるだけに。。。。

せっかくきたからせめてオシャレなドリンクのんでみました。

 

ついつい移動多めのスケジュールになるので海外で体調崩すことよくありますが、

それでもめげずに旅にでます   笑

 

せっかくなんで泳ぎたかったのですが、けっこ

う水冷たいんです。親に止められました。

少し離れて撮影。

f:id:eritabi:20181211222502j:image

 

プールはあきらめて、植物園を回ることに。

マリーナベイサンズのすぐ側にあるガーデンズバイザベイ。

なんかシンガポールって近未来都市ですよね。

ほんとにいい意味で東南アジアらしくないです。

オシャレでハイソな印象です。物価も高いしなー。周りの優秀なお金持ちはシンガポールに住む人多めなのもなんか分かる気します。

 

もはやSFの世界。

f:id:eritabi:20181211223002j:image

植物はあまり興味ないけど  笑

とりあえず巨大でそのスケールには圧巻です。

 

ブラブラしたあとは、

ホテルに戻りショッピング。ザショップス アットマリーナベイサンズ。

ホテルの地下1階、1階、2階が巨大なショッピングモールになってます。ブランド物から何から何まであります。

f:id:eritabi:20181211230706j:image

紅茶を買いにTWGへ。

f:id:eritabi:20181211230808j:image

可愛いー! カフェもあったので、休憩。

紅茶、めちゃくちゃ美味しかったです!

お土産用にもGETしました。

 

シンガポールは、afternoonティ有名ですね、高級ホテルでは本格的な英国式のハイティが味わえるところもたくさんあるみたいです。

 

今回は、時間的に行けなかったので次回、インフィニティプールと共にリベンジしたいと思います。

f:id:eritabi:20181211231829j:image
f:id:eritabi:20181211231819j:image
f:id:eritabi:20181211231840j:image

個人的には、夜のほうが眺めが綺麗でした。

ただプールの水は昼以上に激しく冷たいので、あまり誰も入ってませんでした  笑

 

1泊だけの弾丸で、あまり回れなかったのですが、治安も悪くないし、旅しやすい国だと思います。

 

あ、因みにマリーナベイサンズの傾きは、有名なイタリアのピサの傾斜の10倍の傾きだそう。

9月にイタリアに行って実際みたらかなりの傾きでした。それより、傾いてるって(・・;)

 

シンガポールは、地震や台風がほとんどないらしく、今でも大丈夫ですが、どんどん傾きがひどくなってるという噂もあるみたいです(●´ω`●)  

 

もともとかなり、斬新なデザインですからね、崩壊前に私ももう一回訪れたいですね。

 

一泊だけの弾丸で全然回れなかったですが、

楽しめました。

 

12月はなにかとバタバタしますが、体調気をつけて乗り切りましょ!

 

今日も読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

さくっとバリ島 ~ケチャダンスとおすすめエステ

こんばんは!バリ島観光編です。

今回は1日車をチャーターして行きたいところ全部回ってもらいました。

バリでは車がないと行動不可ですが、タクシーやチャーターもとっても安いので

是非借りて一日行動されることをおすすめします。

今回はJTBで1日チャーターしました。ドライバーと日本語話せるガイドさんがついて

1万ちょっとでした。

 

チャーターしてる現地の旅行会社などもたくさんあるので、安いところだと一日6千円くらいでチャーターできます。

今回ガイドさんに伝えたのは以下の3つ。

 

ジェンガラの食器が欲しい

②ウルワツ寺院でケチャダンス&サンセットがみたい。

③バリのスーパーで友達用のばらまき土産が欲しい。

 

まずはジェンガラケラミックへ。可愛い陶器がいろいろありました。友達に頼まれてた食器をいくつかgetして、サクッと終了。

バリの雑貨や食器は安くてオシャレなものが多いので、雑貨好きな人はおすすめです!

f:id:eritabi:20181208004406j:image

ブラブラ街を散策したり、スーパーでお土産等を購入したり、お茶したり。

f:id:eritabi:20181208004658j:image
f:id:eritabi:20181208004708j:image

この、ビンタンってゆうスーパー、至るところにありますが、バラマキ土産などすごく安く買えます。 写真は、1個100円くらいのヘッドスパトリートメント。 安いけどかなり髪しっとりします。 あとバリでは定番のエリップスのオイル。 (紫の瓶)日本でも人気ですね。ベタだけどこれすごい好きです。 日本の紫外線の4~5倍はあるバリでは、こちら必需品ですね。

 

パサパサの髪もめちゃくちゃ綺麗にまとまるし、香りもよくてお気に入りです。髪サラサラになりたい方は是非!

 

日本では、100均でも売ってるみたいけど  笑

バリのほうがもちろん、安くて大量買いできるのでお得です。

 

海の近くのカフェ?でお茶したり

f:id:eritabi:20181208163937j:image

そうこうしてるうちにいい時間。

 

ウルワツのケチャダンスはバリではかなり大人気で毎日満員御礼だそう。18時から始まるのですが、予約は不可で当日チケットを取らないといけないので、17時前にはウルワツに到着してないとダメだとか。 今回はガイドさんがスケジュール管理、チケットの購入や場所とり等全部してくれてほんとに助かりました。

車でウルワツに向かいました。

このプライベートツアー、ほんと至れりつくせりな上、車移動中は爆睡できるし、快適でした。

母上リクエストのケチャダンス。

f:id:eritabi:20181209151620j:image

 

野生のお猿さん、可愛い! しかしけっこう凶暴なので注意が必要です。
f:id:eritabi:20181209151606j:image

 

絶景です。
f:id:eritabi:20181209151556j:image

 

とりあえずすごい人。満員です。なんとかいい場所でみれました。
f:id:eritabi:20181209151627j:image

なんかすごいパワーを貰える迫力あるダンスでした。母上も大満足の様子。
f:id:eritabi:20181209151614j:image

インド洋を見下ろす雄大な景色とサンセット、そしてケチャダンスを一度に楽しめるウルワツ寺院。バリに行かれたら是非伝統的なダンス楽しんでみてください!

 

最後はおすすめスパのご案内。

フランジパニ

https://frangipanibalispa.com/amp/index.html

 

f:id:eritabi:20181209220437j:image
f:id:eritabi:20181209220405j:image

バリにはほんとにたくさんのエステ、スパがあります。価格はほんとにリーズナブルでマッサージもすごい技術高いです。ほとんど送迎付きです。今回、フライトが夜便だったので、チェックアウト後にロングマッサージ楽しみました。ホテルまで迎えにきてもらい、帰りは空港まで送ってもらいました。

5時間パックで日本円で12000円くらい。送迎、ご飯、おやつ込みです。 

 

フラワーバスに始まり、ボディマッサージ、フェイシャル、ヘッドスパと全身綺麗にしてもらいましたよ!  髪はシャンプーとsetまでしてもらえるので、旅の疲れもとれ綺麗になるのでフライト前にはすごく便利ですね。

 

日本人にもすごい人気で、バリでは1番有名なんじゃないかな。 街スパも含めて4回マッサージ受けたけど、衛生面とかも含めてここが1番外れはないかな、と思います。いろいろなコースがあるので、是非自分に合ったコースを選んでくださいね!

 

しっかりパワーチャージできたので今年残りわずかですが、振り返り、来年の目標設定をしっかりしていこうと思います。

 

寒さがかなり厳しいですが、風邪、インフルエンザ流行ってるので、気をつけてください!

 

バリの帰りにシンガポールで1泊だけしたので、次はシンガポール旅行記書きたいと思います。

 

読んで頂きありがとうございます。

 

さくっと弾丸バリ島へ。コスパ最高ホテルで極上ステイ

こんにちは!

暖冬かとおもいきや、いきなり寒くなったり。

気温差激しいですね。明日からはまた寒くなるみたいなのでお気をつけください。

 

寒くなるとすぐに暖かいところに行きたくなるのでさくっと、弾丸バリ島行って来ました。with両親と。  来年からはまた働こうと思うので暫く旅行行けなくなるなーと。

 

今年はいろいろありました。人生の重大イベント全部体験したであろう、怒涛の1年。

 

嬉しい事も辛いこともあったけど、最後まで味方でいてくれた両親にはほんとに感謝です。今回は感謝の気持ちも込めてわたしのおごりです。

えらそー。

 

きっとこの先苦労する事もあるかもだけど、

来年からは新しいSTARTきりたいと思います。

(暗)   笑

 

関空から7時間のフライトで今年を振り振り返りながら若干一人で涙ぐむ。

もはや不審者です。そうこうしてるうちにあっとゆう間にバリに到着。

 

 

今回が4度目のバリ。

 

 

いつも、リンバジンバランバリかアヤナリゾートに宿泊します。

www.ayana.com

 

リーズナブルな価格で宿泊できるわりには、ラグジュアリーだし、系列のアヤナリゾートの施設も自由に使用できたり、ROCKBARも優先的に案内してもらえるので、コスパはすごくいいかなと思います。ただ、ホテルの周りには何もないので、不便といえば不便かも。

 

スタッフの方はおもてなしの精神がすごくて、ほんとにちゃんと教育されてる感じがします。海外ってなんかホスピタリティってあんまりって感じるときあるけど

 

ここはなんやろ、日本人なれしてる!日本人がけっこう多いから、日本人に向けたきめ細かいサービスを熟知してるとゆうか。かゆいところに手が届く気が利くサービスがすごく好きです!

 

すごいフレンドリーで、カタコトの日本語は喋れるスタッフが多いです。

あと、やたら写真とってくれる、、、

かわいーね、きれいね。  これを言えばいいと思ってる節あり。

とにかくバリが初めての人はもちろん、リピーターの方も絶対満足できるホテルだと思います。

 

空港からは、タクシーで30分程で到着します。

行く途中、ホテルに入るまでの検問?チェックみたいのが2回くらいあります。 

到着のお出迎えは、日本語ペラペラの人が迎えてくれます。

チェックイン時間より、かなり早めに到着しちゃいましたが、BARの無料チケット貰ったのでそこで休憩する事に。

 

ここのルーフトップBAR  ユニークが、めちゃくちゃオシャレで絶景なんです。来たら毎回行くのですが、サンセットは綺麗だし、プールもあって、海外来たな!と思わせてくれる場所です。周りは森しかないですが、緑溢れる場所でリフレッシュできるので、おすすめです。

f:id:eritabi:20181207185202j:image
f:id:eritabi:20181207185153j:image

 

ホテルの部屋や、アメニティ等は普通の高級ホテルと同じくらいです。

wifiはサクサク繋がるし、お湯もしっかり出るので、特に不満はありません。

 

f:id:eritabi:20181207195953j:image
f:id:eritabi:20181207200002j:image

 

f:id:eritabi:20181207195348j:image

↑ 開放感あるロビー。ここもサンセットがすごく綺麗に見えます。

 

リンバのプールは全部で6コあります。ファミリー向けもありますが、大人オンリーもあります。

f:id:eritabi:20181207195813j:image
f:id:eritabi:20181207195822j:image
f:id:eritabi:20181207195809j:image

f:id:eritabi:20181207200127j:image

なんかオシャレなジャングルって感じ?!

poolBARもあるので、お酒をゆっくり飲みながら本読んだり、何もしない贅沢が味わえます。大人のリゾートですね。

 

アヤナリゾートにももちろんプールありますが、私はすいてるしこっちのほうがゆっくりできるので好きですが、数日滞在するなら、リンバ、アヤナと分けて過ごすのもいいですね。

 

バリのご飯ですが、普通に美味しいです! 日本人が食べやすい感じだと思います。

ナシゴレン美味しかったです  ! でも普通にイタリアンとか中華食べてました。

特にこれが美味しい!とかはないです。

 

夕方前には、サンセットを見にアヤナリゾートにあるロックバーまで。優先案内でもだいぶ混んでますね。もう世界的に有名なロックバーはバリに行ったら絶対の絶景スポットですね。絶対一度は行ってください。

前来たときは、若干曇って見れなかったのでリベンジです!

 

f:id:eritabi:20181207205935j:image
f:id:eritabi:20181207205941j:image

 

 崖のそばのBAR。

ほんとに、ロマンチックです、なんか公開プロポーズしてる人とかもいたり(•ᵕᴗᵕ•)

周りみんなで盛り上がりました。

happyお裾分けしてもらいました!

 

f:id:eritabi:20181207213029j:image
f:id:eritabi:20181207213024j:image

ばっちり綺麗に撮れました。

ロックバーで1杯のんで、軽食たべながらおしゃべり。普段、両親とゆっくりしゃべるとかはあまりなかったので、いい時間になりました。

 

今までいろんなリゾート地でサンセットみたけど、今回は今までの中で1番綺麗でした。

 

帰り、アヤナリゾートでブラブラしてるとすっかりいい時間に。

空を見上げると不思議な綺麗な色。毎日違った空の色で本当に感動。もちろん加工なし。

f:id:eritabi:20181207215900j:image

 

バリって神秘的でほんとに好きです。

人も温かいし、ゆっくりするには最高ですね。

また来たいなっていつも思わせてくれます。

 

あとマッサージやスパはかなり安くて上手なのでおすすめです。

最終日に利用したスパは、5時間でお昼ご飯、おやつもついて日本円で12000円ちょっとでした。 詳細は、つぎのバリ島観光の記事で書きたいと思います。

 

是非バリに行かれるときは参考になれば嬉しいです。

 

12月、いろいろ忙しくなる時期ですが体調には気を付けてくださいね!

今日も読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

イタリアでオススメお土産と戦利品~

約1ヶ月ぶりの投稿です。なんかバタバタしてました、急に寒くなり風邪ひいてなかなかなおらず、、、ブルーな日々でしたがめでたく復活です。

改めて健康が1番だなと、元気があれば何でもできる!日々感謝ですね。

 

ちょっと期間があきましたが、ヨーロッパ旅行の続きです。まだまだ記事アップできてないのいっぱいあるー。。。

 

今日はイタリアでの戦利品&お土産をご紹介したいと思います。

 

まず食べ物

有名なVenchiのジェラードを毎日2個くらい食べていました。そんな大きくないのに一個日本円にして500円ちょっとというなんとも贅沢なお値段。

f:id:eritabi:20181106234826j:image

 

普段アイスや甘いものはあんまり食べないのですが、初めてこのジェラードを食べた時の口あたりとクリーミーさ、甘すぎず上品なお味にやられました。

 

イタリアに行ったら絶対食べてください!ジェラード店は街を歩けば腐るほどありますがここのジェラードが一番おいしかったです。

 

f:id:eritabi:20181106234931j:image

もともとはチョコのお店みたくチョコも美味でお土産がすごい可愛いんです!お店も、ラッピングも可愛い。

 

お値段はちょっとはるからばらまき土産むけではないけど親しい人に、ちょっと特別感出すためにはとてもおすすめです。

f:id:eritabi:20181106235014j:image

 

お土産

お友達へのお土産って悩みますよね。イタリアだとオリーブオイルとかレモンチェッロ(瓶に入ったレモンの食前酒)等が有名で見た目も可愛いけど 旅行に行ったら帰りは重量オーバーとの戦いなので瓶系はできれば避けたい・・・・

 

そこで今回おすすめしたいのがドライボルチーニ。 軽いし、日持ちするし、かさばらないそしてなにより本当に美味しい!日本で買おうと思うと結構なお値段だったりなかなか手に入らなかったり・・・

 

イタリアだとスーパー等で買えばコストも抑えて、味もおいしい!今回これを大量買いしてお友達に配ったけどとても評判良かったです。

あと写真ないけどパスタとコーヒーも安くてほんとに美味しかったし評判良かったです。空港や免税で買うと高いのでスーパー 様様です。

f:id:eritabi:20181106235229j:image

 

あとは定番土産だけど MARVISの歯磨き粉。これ日本だとユナイテッドアローズとかちょっとこじゃれたセレクトショップに売っててお値段かなり高めですよね。

小さいサイズでも一本1500円くらい。

 

 

MARVISの歯磨き粉はホワイトニング効果も高くて、フレーバーもいっぱいあるから

おすすめ!そして何より可愛い見た目。歯磨き粉って生活感が出やすいアイテムだけど

これが洗面所においてるだけでオシャレで洗練された感じがでるのでいいですね。

 

イタリア発のMARVIS、フィレツェのスーパーにめちゃくちゃ乱雑に置かれてた・・・

気になるお値段はなんと1本200円しません。

これはばらまき土産、自宅用、大人買いしてきました。

f:id:eritabi:20181106235458j:image

 

あとは、フィレンツェではおすすめしてもらった 郊外にある、THE MALL というアウトレットモールに行ってきました。

 

サンタマリアノヴェッラ駅からモール直行のバスが30分に1本出ています。往復で18€。結構豪華?なバスでwifi完備、広々とした席なのでとても快適でした。約1時間で到着します。

 

こちらの特徴はなんといっても安いところです。だいたい日本の半額くらいでしょうか。安い上に同じ店舗で155€以上買い物したら更に12%のtaxrefund が空港でなく,その場で手続きして戻ってくるのでかなりお得な気分になります。

 

€高なこともあり、ブティックでは日本で買うより2~3割くらい安い程度で(昔はもっと安かった記憶)正直飛びついて買う程ではなかったのですが、さすがにここのアウトレットの安さはちょっとびっくりしてしまいましたね。

 

グッチ、プラダ、フェンディ、ジバンシー、フェラガモ、アルマーニ、ジミーチュー、モンクレール、D&G等ひととおりのブランドは揃っています。

 

イタリア発のブランドは特にお買い得でした。 ただブティックに並んでるものはなく前シーズンの物や在庫過多のものが中心なので、自分が探していたものがあればかなりお安く手に入れる事ができるのでラッキーですが、最先端の物を!とかであれば微妙ですね。

 

ちなみに私はモンクレールでショートダウンをた4万ちょいでゲットしました。日本の約半額ですね。

f:id:eritabi:20181106235617j:image

 

特に人気のプラダやグッチは行列ができていて整理券を渡されることもあると聞いていたのですが、私が行ったときは比較的すいていてゆっくりお買い物できました。

 

ブランド好きな方は一度覗いてみるといいかもです!掘り出しものや良い商品に出会える可能性は大です!

アウトレットではモンクレのダウンとPRADAの小銭入れ、アルマーニでネクタイ、服をget

f:id:eritabi:20181106235819j:image

これは2万くらい。イタリア発のブランドはやはり安いですね。

 

あとは、フィレンツェに戻り路面店でいろいろ購入。

f:id:eritabi:20181107000622j:image

なんとか満足。

 

でもモンクレでは帽子や、マフラー、もっと買えばよかったかなと。種類も豊富だし

なにより一番お得な気がした。

 

帰りはミラノ→デュッセルドルフから乗ったのですが、ANAの機内販売で、コスメもget

f:id:eritabi:20181108002115j:image

 

免税で安いうえに、ANAカード決済で更に10パーセント引き! 

日本で買うよりはかなりお得なので私は帰りの機内で毎回買って帰ります!

たまに買いすぎで使わずってときもあるけど、そんなときはメルカリで販売して

利益を得ています★

 

ちなみに 前のブログでも書いたけどこのクラランスの化粧崩れ防止のスプレーほんと

おすすめ! 化粧したてのあの綺麗な感じずっと続きます。

 

eritabi.hatenablog.com

 

気温差が激しい毎日ですが、体調にはお気をつけください!

読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

芸術の秋、フィレンツェ、ウフィツィ美術館で黄金のルネッサンス期を体験!

こんばんは!  先日のヨーロッパ旅行で、

ウフィツィ美術館とアカデミア美術館に行ってきました。芸術に疎い私でも教科書でみたことある作品ばかりで感動しました。

 

ウフィツィ美術館とは?

イタリアのフィレンツェにあるルネサンス絵画で有名な美術館です。1591年より部分的に公開されており、近代式の美術館としてヨーロッパ最古のものの1つで、イタリア国内の美術館としては収蔵品の質、量ともに最大のものです。1982年に世界遺産フィレンツェ歴史地区の一部として認定されています。

かつてここはフィレンツェを支配し栄華を極めたメディチ家の事務所、行政区オフィスが置かれていたためこの名前がついたそうです。ufficiとはイタリア、トスカーナの言語でオフィス(事務所)を意味しています。

 

混雑必須の美術館をスムーズに回る方法

 

①必ず事前予約をしていく

一番空いてると噂の夕方のチケットを日本から予約して行きましたが、長蛇の列で1時間くらい待ちました、当日予約も一応ありますが、相当待つので、必ず予約必須です!

 

②どれくらいでまわるかあらかじめ決めておく、

ウフィツィ美術館は45の部屋からなり2500点もの作品があります。一日中かかっても、それらをみることはできないので、今回はこれだけみとけば大丈夫!という作品をピックアップしてみました。ゆっくり鑑賞すると2時間くらいはかかりますので時間に余裕をもっていかれることをおすすめします。

 

③日本語解説ツアーに参加する。

一応日本語のオーディオガイドは借りれますが、ツアーに参加するとさらに詳しい説明が聞けたり、チケット代行や面倒なことも全部ガイドさんがやってくれるし有名な作品もピックアップしてくれるので、私もガイドツアーに参加すればよかったなと少し後悔。チケット代より多少料金はかかるけどガイドさんは知識も豊富なので背景を知ることでもっと楽しめたかなと。。。

 

まず建物が3階建てになるので、エレベーターで3階まで行き、順番に降りて鑑賞します。

ウフィツィ美術館は、Uの字型になってるんですね、こちら外観。もともとは事務所だけあってスタイリッシュな外観。

f:id:eritabi:20181004085034j:image

 

 

この廊下、映画、冷静と情熱の間に、で出てたー。美術館とは思えない、天井。

展示品だけでなく内装が豪華すぎるのも鑑賞の楽しみの一つ。
f:id:eritabi:20181004084824j:image

 

荘厳の聖母/Mesta(ルチェッライの聖母)
ドゥッチョ・ディ・ボンインセーニャ第2室
f:id:eritabi:20181004084754j:image

 

ジョット作「マエスタ」
1306-1310年頃、第2室
f:id:eritabi:20181004084816j:image

 

ウッチェッロ作「サン・ロマーノの戦」
1456年頃、第7室
f:id:eritabi:20181004085003j:image

 

ピエロ・デッラ・フランチェスカ作「ウルビーノ公夫妻の肖像」 
1465-1466年、第8室
f:id:eritabi:20181004084913j:image
f:id:eritabi:20181004084957j:image

 

 

フィリッポ・リッピ作「聖母子と二天使」
1465年、第8室
f:id:eritabi:20181004085119j:image

 

聖母載冠 フィリッポリッピ
f:id:eritabi:20181004084807j:image

 

ボッティチェッリ作「春」
1477-1478年、第10-14室
f:id:eritabi:20181004085052j:image

間近でみると、美しい。
f:id:eritabi:20181004084841j:image

 

ボッティチェッリ作「ヴィーナスの誕生
1485年、第10-14室
f:id:eritabi:20181004085058j:image

 

 お宝が集まるサロン トリブーナ

トリブーナは美術館の中でも特に美しい部屋と言われます。中には、メディチ家コレクションの中でも重要な作品が集められており必見。床面の装飾も素晴らしく、部屋の内装も見所のひとつです。立ち入り禁止ですが写真はOKです
f:id:eritabi:20181004085043j:image

窓から見える景色もフォトジェニック 

美術館からの景色もまた綺麗。アルノ川、ヴェッキオ橋が見えますね。
f:id:eritabi:20181004084923j:image

 

 

レオナルド・ダヴィンチ作「受胎告知」
1472-1475年、第15室
f:id:eritabi:20181004084740j:image

 

 

ミケランジェロ作「聖家族」
1504年頃、第25室
f:id:eritabi:20181004084735j:image

 

 

ラファエッロ作「ひわの聖母」
1507年、第26室
f:id:eritabi:20181004085112j:image

 

カフェテラスで休憩を

45室の横のオープンカフェからの景色です。ドゥモが見えます。実際みるとすごく綺麗で、ここもフォトスポットなので、フィレンツェの街並みを堪能してくださいね。
f:id:eritabi:20181004085028j:image

 

テツィアーノ作「ウルビーノのヴィーナス」
1538年、第28室
f:id:eritabi:20181004085408j:image

 


f:id:eritabi:20181004084936j:image

 

カラヴァッジョ作「バッカス
1597年頃
f:id:eritabi:20181004084745j:image

 

まだまだ、素晴らしい作品はありますが、これだけは絶対必須な作品を並べてみました。

ウフィツィ美術館の魅力は語りつくせませんが、やはり本物の芸術は違うな、と思いました。芸術にたまには浸ってみるのもいいかも!!

 

アカデミア美術館ではダビデ像を間近で見て、想像してたより遥かに大きくて、びっくりしました。 まるで、今にも動き出しそう。

こんな細かいところまで、彫刻を作れるなんて天才。

 

f:id:eritabi:20181004195302j:image
f:id:eritabi:20181004195309j:image
f:id:eritabi:20181004195316j:image

 

芸術の秋ツアー、最後はミラノの最後の晩餐を予約してたのに、あまりに過密スケジュールにしたため、&電車が大幅に遅れ予約時間に遅刻してしまい鑑賞できませんでした。

やはり、イタリアの交通は思いどおりにいかないので、余裕をもたないといけないですね。

 

芸術の秋、たまには、心を無にして、美術鑑賞してみてはいかがでしょうか。

 

読んで頂きありがとうございます。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

イタリア定番ピサの斜塔観光と、極上!一生の絶景に会える世界遺産「チンクエテッレ」

おはようございます。

イタリア世界遺産巡り、フィレンツエからちょいと足を延ばし、定番ピサ観光とチンクエテッレというめちゃくちゃインスタ映えする絶景世界遺産の村に行ってきました。

 

スケジュールはピサ観光午前、チンクエテッレ観光午後というなんともアバウトな感じ。

 

イタリアの知人に言わせると、チンクエテッレは半日とかで観光できるものじゃない、泊まりでゆっくり観光するものだよ、との事。欲張り弾丸トラベラーはそんなこと言ってられません。 結果短い時間だけでも十分に楽しめましたよ♪

 

まずフィレンツェのサンタマリアノヴェッラ駅からピサまでは電車で1時間程度ピサ中央駅で下車します。

ピサの斜塔までは駅から歩いて20分で行くこともできますがなんせ炎天下&時間との戦いなのでタクシーで向かうことに。ところが・・・タクシー乗り場すごい行列・・・・観光客の人数とタクシーの数全然あってない。たまたま来たバスがピサの斜塔まで向かうとのことでバスに乗って向かうことに。

 

いろいろ停車するので10分くらいで到着。

 

ピサはガリレオガリレイが生まれた場所としても有名で、塔って世界にいっぱいあるけど間違いなくピサの塔は世界で一番有名な塔ですね。

 

もちろん世界遺産にも登録されています。

 

有名な塔の傾きは、地盤土質の不均等さが原因といわれ、度重なる傾斜進行の危機に面しながら'90年より約10年一般入場を休止し改修工事が行なわれたそう。斜度が是正された現在、地質学者によるとあと300年は倒壊の危険がないとの見解だそうです。

 

今までいろんなメディアで傾きをみてきたけど、実際見た感想は、

 

想像以上に傾いている!です。とくにほかの建物と比較すると傾き具合がよくわかりますね。

 

f:id:eritabi:20180927070745j:image

 

やっぱりピサにきたら、あれですよね。あの写真とらないと。

 

f:id:eritabi:20180927071250j:image

青い空に傾いた塔が映えますね。

世界中の観光客が、みんな同じポーズして写真とる姿は、なんかおもしろかったです   笑

 

塔の上に登ることもできるようですが、時間ない為、登らず。 かなり傾いてるので三半規管が弱い人は酔うみたいですよ。

登りたい方は予約必須です。

 

ピサ観光もほどほどに、ダッシュでピサセントラル駅に戻り、そから、チンクエテッレの玄関口である、ラ・スペンサという駅にむかいます。ピサセントラル駅からは電車で1時間半です。

 

チンクエテッレとは?

 

チンクエテッレとは5つの漁村を総称した名称です。その名の通り、「チンクエ=5」「テッレ=地」という訳なのです。

「チンクエテッレ」という名の街があると思われる方もいらっしゃいますが、そうではなく地域の名前なのです。

そして、その地域一帯が1997年に登録された「世界遺産」です。

日本から行くのには、イタリア国内での交通の便が良くないため、なかなかここまではたどり着かないのですよね。実はトスカーナ州ではなくリグーリア州なんですね。

 

フィレンツェからは片道2時間半はかかるけど、車窓からみる景色も自然が溢れてすごく綺麗なので、あっとゆうまなので、是非、この素晴らしい絶景をみてほしいな、と思います。

 

ラスペンサ駅についたら、そこでまずチンクエテッレカードとゆう物を16€で購入します。購入したら、名前を記入してとのこと。

 

一応名前消してます   笑

f:id:eritabi:20180928030728j:image

 

チンクエッテレカード

5つの村を何度でも電車、バスで行き来自由

トイレ、チンクエッテレポイント(駅)でのwifi無料。結果お得なので絶対購入してください!

 

地図でゆうとこんな感じで、村と村はそんなに離れていません。ラスペンサからヴェルナッツァまで20分程。

f:id:eritabi:20180928030917j:image

 

今回は、3つの村をチョイスして、まわることに。まず、ラスペンサ駅から一番離れた①ヴェルナッツァまで行き、そこから、②マナローラ、③リオマッジョーレとゆう順番で下ってきました。 

字が汚いのはスルー 笑

 

Vernazza

ヴェルナッツァは、飲食店やお土産屋やさんが、すごく豊富でした。 食事するならこちらがおすすめです。リグーリア海の魚介類や、ジェノベーゼパスタがイチオシです。トレッキングして、崖上から港をみるといい感じですよ。

 

駅を降りたらすぐにカラフルな街並み。

f:id:eritabi:20180928031245j:image

 

崖の上に広がるぶどう畑 ♪
f:id:eritabi:20180928031234j:image

 

絵になるなー


f:id:eritabi:20180928031226j:image

 

一時間くらいトレッキングしました。トレッキング途中に、小屋みたいなところがあり、チンクエテッレカードの提示を求められます。

カードがない人は、それ以上上に登れないそう。


f:id:eritabi:20180928031241j:image

 

お次、Manarola 

f:id:eritabi:20180928031814j:image

 

開放感!
f:id:eritabi:20180928031758j:image

 

海の透明度半端ない。


f:id:eritabi:20180928031802j:image
f:id:eritabi:20180928031810j:image

 

個人的には、すごく気に入りました。ヴェルナッツァより、こじんまりしてて田舎っぽいです。海が、透明すぎて、ボートの影が映ってました。

 

最後、Riomaggiore

一番大きな村です。

これこれ、この景色が見たかった! カラフルで可愛い街.

パンフレットとかはここでよく撮影されるそう。

 

f:id:eritabi:20180927073516j:image

街中も、フォトジェニック。

 

f:id:eritabi:20180928032122j:image

f:id:eritabi:20180928032328j:image

 

イタリアってどこ行っても、日本人に遭遇するけど、ここでは、私たち以外誰一人いませんでした。 欧米の方に人気みたいですね。

 

ローマ、ミラノ、ヴェネチアアマルフィナポリ等本当に有名で素敵なところが多いけどチンクエテッレは、知名度は低いけど負けてないと思います。

 

年4回、海外旅行行ってるけど、ベスト3に入るくらい、絶景で可愛い村でした。

 

少し遠いけど、その先には忘れられない絶景が待っていますよ!5つの村を全て回るのが難しければ、マナローラ、とリオマッジョーレは絶対取り入れてください!

 

最後に注意点

① 昼は気温が30度を超えるので、水分補給、日 日焼け対策、羽織りを忘れずに!

 絶対スニーカーで。

 

②アクセスがあまりよくないので、電車時間は事前にチェックして、行ってくださ  い!乗り過ごすと、けっこう待つはめに。

 

③弾丸でも、充分楽しめましたが、夕陽や夜のチンクエテッレも極上らしいので、日にちに余裕がある方は、一泊して、ゆっくり村をトレッキングしたり海水浴したり、絶景を堪能してください。

 

すっかりお気に入りになったチンクエテッレ。

また行けるように、日々頑張ろうと思います。

 

読んで頂きありがとうございます!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コストコ生活 おすすめベスト10

こんばんわ。

十五夜の本日、満月?かは分かりませんがお団子はしっかり食べました。

旅行記途中だけど休憩です 笑

 

3連休最終日は、大好きコストコへ。 月二回コストコに行く自称コストコ通のわたしが、おすすめ商品をご案内します^ - ^

 

①カークランド毛布

 

これ1500円とは思えない手触りのよさと暖かさ。これで寝ると本当に快眠。

我が家はずっと愛用してますが3年経った毛布でも、まだまだ使えます!

最近ちょっと寒いじゃないですか、最近の楽しみは、これで昼寝。

夏はクーラーガンガンにして、これで包まると更によし。一年中使えます。

高くて気持ちい毛布はたくさんあるけど、1500円でこのクオリティはさすがです。

 

f:id:eritabi:20180923192955j:image

 

②ビビゴ ビビンバの素

 

これ、簡単で、韓国顔負けの美味しさ。

料理苦手なわたしの強い味方。炊きたてごはんと一緒に炒めるだけ〜、野菜も味つけされた状態で真空パックに入ってるので、ごはん、野菜、ソースの順番に炒めて、あとはドヤ顔で食卓に並べるだけ。本格的なお味です。

 

f:id:eritabi:20180923193223j:image

 

 

マスカルポーネロール

 

最近は、ディナーロール卒業でこればっかり。マスカルポーネロール。

ふんわりとした香りと甘み、ほんのり薫るマスカルポーネチーズが最高に美味しいパン!

しっとりしててちょっとリッチな食感が好きです。バカ売れしてるのか、残り少なかったです。時代はディナーロールからマスカルポーネロールへ。

f:id:eritabi:20180923193603j:image

 

④ さくらどり

 

鶏むね肉ー。これは自家製とりハム作る為に常備しています。

前の記事でも書いたけどコストコのお肉って冷凍してないらしく、鮮度が抜群。

パサパサ感が本当にないので、しっとりジューシーです。ここのお肉で作るとりハム、最高です。

f:id:eritabi:20180924171244j:image

 

オイコスギリシャヨーグルト

 

あと、これは、コストコの商品じゃないんですけど、スーパーとかコンビニで買うと1個150円くらいでちょっとお高め。。。

コストコだと12個で945円と、かなりお買い得なんです!一個あたり80円くらい?!

まだ食べたことない方は是非一度食べてほしい、ヨーグルトとは思えない濃厚さが癖になります。このヨーグルト食べてからは、他のヨーグルト食べれなくなってしまいました。ない時もありますが、店舗で見つけたら即買い商品ですね。

f:id:eritabi:20180924171514j:image

 

⑥ 韓国のりフレーク

 

ふりかけとしても使えるし、卵焼きにいれたりスープに入れても使えます。ビビンバの上にもかけたり。一度食べたら、止まらなくなるんですよね。
とにかく白米と食べるのが美味しい。癖になる味わいです。ビックサイズの袋3つ入ってますが気が付くと一瞬でなくなります。

f:id:eritabi:20180924180729j:image

 

⑦ティラミス

 

めちゃ美味しいので、大好きですけど、大きすぎて買うのためらう時もあります。でも、甘い物好きだし、食後のデザートとして、コーヒーと一緒に頂くのがお気に入り。

食べれない分は、カットしてラップで包み、ジップロックに入れて冷凍すると、長持ちするしいつでも食べたい時に味わえるのでおすすめですよ!味のクオリティ、大きさ考えるとコスパ最高です。いやな甘さはなく、以外とあっさりしてるので食べやすいですよ。

f:id:eritabi:20180924181454j:image

 

ジップロック

普通のジップロックより、やや大きめ。

これのいいところはつまみ部分にスライダーがついているので、開け閉めが超簡単です!

水分が、抜けにくいので、シートマスクの保存に使ってますがマスクの水分全然抜けません。

f:id:eritabi:20180924184110j:image

 

ジップロック コンテナ

 

ジップロックといえば、袋タイプのチャック袋が有名ですが、箱タイプのジップロックコンテナも使いやすくてオススメなんです。レンジ、冷凍対応可能なのでコンテナのまま、調理、保存ができてしまう優れものですよ。

いろいろな種類のコンテナが24個入って1700円。

作り置きした物をいれたり、お弁当箱としても使えます。あとは、蓋の真ん中のボタンを押すだけでロックできるので、汁がもれたり、とかもないので、安心ですね。

f:id:eritabi:20180924185749j:image

 

最後はこちら

⑩カークランドハウスホールドワイプ

 

青と黄色のクリーンシート。成分はどちらも同じで、違うのは、香りと素材です。

黄色は、レモンの香りで、ボコボコしたエンボス加工を施した素材。青は、フレッシュエアーの香りでふわっとした感じの素材。

どちらも洗浄力がすごくて、ふいたところはピカピカです。気軽に毎日使えるのが嬉しいです。掃除、苦手ですけど、香りも良いし、楽しく掃除できますよ。 ふわっとした素材の青は、傷つけたくない床、家具などに使用し、黄色はレンジ、キッチン、トイレなど、ガッツリ掃除したい箇所に使うとより綺麗になりますよ!

f:id:eritabi:20180924203433j:image

 

食料品が有名なコストコですが、日用品も使えるお得なものがたくさんあります!

みんなでシェアすると、金額もお得になるのでおすすめです!

 

読んで頂きありがとうございます☆